Text Size : A A A
松本裕子 Objet展

涙ガラス制作所を少しの間お休みさせていただいて、
個人として作品と向き合い、コツコツとつくった作品の展示です。
今回はアクセサリではなく木彫を中心としたオブジェ展です。




 松本裕子 objet展

2016年7月9日(土)〜7月24日(日)
12時〜19時 月休

会場:ギャラリーSU "http://gallery-su.jp/"  (Click!) 
106-0041東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室
tel. 03-6277-6714 / fax. 03-6277-671

松本在廊日 9日,10日,13日,16日,20日,23日,24日
13時〜18時頃

展示を開催するギャラリーSUは、
1963年に建てられた雰囲気をそのまま残した木造洋館、和朗フラットの一室にあるギャラリーです。ビルが建ち並ぶ都会の喧噪の中、一本裏通りに入ったそこは静寂に包まれ、タイムスリップした感覚を覚えます。お近くにお越しの折は是非お立ち寄り下さい。



「輪唱」

作品展を開催します。



 前田昌良×涙ガラス制作所×鉱物アソビ
「輪唱 ―小川洋子へのオマージュ―」


4月4日(水)〜4月12日(土)
12時〜19時 月休

会場:ギャラリーSU "http://gallery-su.jp/"  (Click!) 
106-0041東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室
tel. 03-6277-6714 / fax. 03-6277-671



DMより
始まりは、2012年7月のこと。Gallery SUで開催した「涙ガラス制作所×鉱物アソビ―結晶―」に訪れた画家・前田昌良さんを介して、涙ガラス制作所の"たんぽぽの綿毛ネックレス"が、小説家・小川洋子さんの手に渡ることになりました。そして、それを大切に身に着けて下さいました。
小川さんの小説の愛読者だった3人が出会って起きた、この小さな奇跡のような出来事から、今回の企画は生まれました。小川さんも、「ギャラリーでの企画、光栄なことです。私の小説が何かしらお役に立てれば、これほどの喜びはありません。今から胸がときめいております」とのお言葉を下さいました。
小川さんの小説世界を思い描きながら、前田昌良さんと涙ガラスさんは作品を制作し、鉱物アソビさんは標本をコーディネイトする・・・。それぞれの奏でる旋律が"輪唱"のように少しづつ重なっていったとき、どんな音色を響かせることでしょう。

※今回は3人展でギャラリースペースも限られております為
申し訳ございませんが展示風景、展示作品の撮影はご遠慮下さいますよう
お願い致します。

*本展は、その後京都の「恵文社一乗寺店・ギャラリーアンフェール」に巡回します。
会期/2014年4月15日(火)〜4月21日(月)
時間/10:00(初日12:00)−22:00(最終日18:00) 会期中無休

涙ガラス在廊日
4、12日/全日
5、6、10、11日 / 13時〜18時

*鉱物アソビtwitter→ (Click!) 





小さな作品集

小さな作品集をつくりました。
作品展「輪唱」で販売します。

個展のお知らせ
個展を開催します。

-entr'acte- 涙ガラス制作所 作品展

4月10日(水)〜4月14日(日)
12時〜19時 会期中無休

会場:poooL本店 "http://poool.jp/"  (Click!) 
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション105
吉祥寺北口から中道通りを徒歩10分 です。

スペシャル助っ人 寅印菓子屋さん  (Click!) 

今回のテーマ、幕間(アントラクト)にちなんで
オーストラリアワインとそれに合う寅印菓子屋さんのお菓子をご用意しました。
忙しい日常の幕間に、ひと時ワイン片手にゆったりと展示をご覧頂ければ幸いです。